厄年&大殺界の大型新人です。


by vivakikai
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

やっぱり「さようなら」って言葉は嫌いだ。

僕がどうしても苦手で、そして嫌いな言葉

「さようなら」

この言葉には、希望の一片も見当たらない。



昨日、映画を観てきました。

「男たちの大和」

20代の鑑賞者がオイラだけという、映画の内容も観客の内容も考えさせられるものでした。

描写がすごい。映倫に、よく引っかからなかったなぁ。と。

でも、日本人の印象としてのツールを無理やり使ってるなぁと感じました。
いや、何かっていうと・・・

石田と森脇が病院で再会するシーン
三月の下旬だってのに、桜が満開。
これはまだいける。
しかし、常田が養母との別れのシーンでは
大雪が積もっている。
「桜」と「雪」、場面の背景として、イメージ通りにしたかったのだろうが
少しは無理あるんじゃねぇの?


と感じてしまいました。

内容自体は、なかなかアツかったですよ。
高校生とかが見ても良いかも。
[PR]
by vivakikai | 2005-12-22 14:12 | 映画