厄年&大殺界の大型新人です。


by vivakikai
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

2005年 09月 20日 ( 1 )

日曜の電話。


妹(21)から。周りが騒がしい。飲んでる模様。
そういや、中学校の運動会か、今日は。
で、飲んでる相手が親父という。あとから母親も来るという。

父に代わった。今でもこの人と話すときは少し緊張する自分が居る。
やっぱり偉大だ。

で、ホロ酔いの親父からのメッセージが。

卒業後の進路はどうするのか?
大分に残るのなら、大学院に行け。
そうじゃなければ、島に帰って釣りでもしろと。

要は、人間は常に成長していなければならない。
一生勉強だからね。

という親父の言い分。相変わらず極端だけど、的は得てるし、納得も出来る。
あの人も、常に勉強している人だから。

今日も考えさせられました。うーん、オイラの人生、どう転ぶやら・・・。

あと、驚いた事に。

うちの妹(高3)、陸上の県大会(ハードル)の決勝で5位になったらしい。

実は彼女、有り余る才能を持ちながら「めんどくさい。」の一言で部活にも入らず、ただただ遊びまくりの青春を過ごしてたんだが。
その時点で、大島郡の代表に選ばれている所が恐ろしいのだが。
それで結果を出してしまう所が恐ろしいのだが。


彼女を見てると、才能というものの大きさを実感させられる。
[PR]
by vivakikai | 2005-09-20 04:32