厄年&大殺界の大型新人です。


by vivakikai
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

2006年 03月 11日 ( 1 )

よくあることだったり。

全てがどうでも良くなる時。

何も関わらないでくれ。
何も言わないでくれ。
放っておいてくれ。

何かの弾みで、自分の中で抑えていたモノが顔を出す。

独りじゃ寂しいくせして、何たる矛盾か。

その矛盾の中で、私はもがく。
何も起こらないのを感じながら。

二つの桶がある。
一つには、水が満たされ、また一つには、なにも無く。
私は、一つからまた一つへ水を移す。
ただひたすらに。ただひたすらに。
水を移し終える。
一つには、なにも無く、また一つには、水が満たされ。
声が聞こえる。
また水を移せと。
私は、一つからまた一つへ水を移す。
ただひたすらに。ただひたすらに。
幾度も、幾度も、幾度も・・・

智に働けば角が立つ。
情に棹させば流される。
意地を通せば窮屈だ。
とかくに人の世は住みにくい。
住みにくさが高じると、安い所へ引き越したくなる。
どこへ越しても住みにくいと悟った時、詩が生れて、画が出来る。
人の世を作ったものは神でもなければ鬼でもない。
やはり向う三軒両隣りにちらちらするただの人である。
ただの人が作った人の世が住みにくいからとて、越す国はあるまい。
あれば人でなしの国へ行くばかりだ。
人でなしの国は人の世よりもなお住みにくかろう。

と、自らに言い聞かせ。
[PR]
by vivakikai | 2006-03-11 07:06