厄年&大殺界の大型新人です。


by vivakikai
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:映画( 25 )

c0036292_11412098.jpg



この映画の予告編は、20回以上観ました。
本当に観たかった映画でした。

シネマ5でこれをやると見たとき、すげー嬉しくて
今日はバイトを休んでまで観に行きました。

期待を裏切らないドキュメンタリー映画でした。
音楽の力、人の力。
そういったものの凄さを見ました。
意外だったのは、サイモン・ラトル(世界最高峰の指揮者)があんなにアツい男だったって事。

観終わった後に、パンフとポスターを購入。
amazonでDVDを購入。

どんなけハマったん・・・。
[PR]
by vivakikai | 2005-11-29 11:47 | 映画

好きな人と、是非


私は韓流ではないが
「私の頭の中の消しゴム」はすっげーイイ!

全部を見終わった後
独りで歩きながら色々と考えちゃった。

自分の愛を誰かに伝えたい映画なり♪
[PR]
by vivakikai | 2005-10-26 23:35 | 映画

毎週木曜日はメンズデー


なのに、オイラが行った時には男性客、計2名。

「メゾン・ド・ヒミコ」

結局、愛なんですよね。

好きとか嫌いとか、そんなモノの上に存在するもの。

だから、受け入れる事ができる。


「こんなの嘘じゃん、インチキじゃん」
「あなたが、好きよ・・・」

この二言があるから、絶妙なバランスが生まれてる気がします。


非現実のような、現実のような・・・

そのバランスが素晴らしかった作品です。
[PR]
by vivakikai | 2005-10-21 04:22 | 映画

また電話しろよと行って受話器置く君に今すぐ電話をしたい

生ビール買い求めいる君の手をふと見るそしてつくづくと見る

「寒いね」と話しかければ「寒いね」と答える人のいるあたたかさ

我がカープのピンチも何か幸せな気分で見おり君にもたれて

~俵万智『サラダ記念日』より抜粋~
[PR]
by vivakikai | 2005-10-07 02:54 | 映画

僕の中の「ショーシャンクの空に」を超えたかもしれません。

「I am sam」を観ました。

パソコンの前で、独り、涙流してました。
たぶん、誰かに発見されたら「キモッ」の一言だったでしょうが(^^;)

どっかの首相じゃないけど

「感動したっ!」
[PR]
by vivakikai | 2005-10-03 12:58 | 映画

いやぁ、昔の私を思い出すようなタイトルですが。
このまんまのキャッチコピーのDVDを観ました。
「解夏(げげ)」というやつ。

妙に納得な話でした。
うんうん、そうだよなぁ大沢たかお!みたいな。

解夏の時に、全てが終わり、そして始まる。

受け入れること、その大事さ。

そんな感じ。

あ、今聴いてる曲がMr.Childrenの「bird cage」になった。

偶然にも。
[PR]
by vivakikai | 2005-10-01 04:38 | 映画

最近見たモノ


最近睡眠時間が7時間と、昔より1時間増えてしまってる自分が悔しい戌亥です。

最近、パソコンがぶっ壊れ、いちからやり直しの今日この頃です。

何の脈絡も無く、DVDの話して良いですか?

最近、なぜか洋画よりも邦画の方が気になります。何故だ?

で、レンタルで「約三十の嘘」というのと「恋の門」という二本を借りる。

どちらも何かの予告編で気になっていたやつ。

どちらも面白かった、特に「恋の門」は最高に傑作だった!

主人公の松田龍平&酒井若菜も良いのだが

一番のおススメは、片桐はいり&田辺誠一であろう(見た人は納得出来る・・・はず)

「約三十の嘘」にも田辺誠一が出演してて、またそのギャップがたまらんかった。

時間があれば、ぜひ観て下さいな。
[PR]
by vivakikai | 2005-09-17 06:37 | 映画

今日も映画に誘われて、シネマ5へ。
このごろは独りでばかり映画を見ていたので、失礼にならないように。

観たのは「ヴェラ・ドレイク」というやつ。

一緒に観に行った人も、結構映画を観てる人なんですが。

その人は「良かったわぁ!」と言ってたのですが、あたしにはちと重かったかと。

どちらの映画も、愛について描かれているのですが
キンゼイ・レポートよりも考えましたね。ずっしりと、心にくる映画です。
良きにしろ、悪しきにしろ。


10日からは遂に「ヒトラー最後の12日間」が始まるので、ぜひこれは観に行きたいところです。
[PR]
by vivakikai | 2005-09-02 07:24 | 映画

愛について、考える

友人rockingと映画を観てきました。

「愛についてのキンゼイ・レポート」という映画です。

日本映画史上初の無修正映像を流すという事で少し話題になった映画です。

もちろんR-15指定。

で、感想ですが。見たい人は見てください。

良い映画でしたよ~(^^)

実在したキンゼイ博士の生涯が淡々と書かれている映画。
その生涯が結構過激でさ、でも奥さんはどんな事があっても博士について行くわけ。
それはもう、愛とかそんな所を通り越してるわけよ。
博士は調査の途中で、同性愛を経験する。相手はバイセクシャルである博士の弟子。
その弟子、今度は博士の奥さんと寝たいと言い出す。
奥さんも、私もそうしたいと言い出す。
認める博士。
今の環境には無い状況ですわな。

そんな映画。しっかりした映画です。


場所はシネフレックスです。異性と見に行く事をお勧めします。
考えを聞きたくなるから。
[PR]
by vivakikai | 2005-08-31 17:34 | 映画

それぞれの、「任務」


いやぁ、早速今月も観て来ました。
今回は「亡国のイージス」です。

(ネタバレ注意)

あんまり印象に残らない。
何だろ、なかなか面白そうだなとは思わせるのだけど
「おおーっ!」って感情にならないというか。
ハッピーエンドじゃない、結構痛い。
如月とあの女性工作員がどんな関係なのか。
なんでキスしちゃってるのか。
ちょっと「ザ・ロック」で見た事あるような場面が出てたり
真田広之の手旗信号の場面がお笑いに見えたり
てか、あれだけやられといてよく生きてるなとか
何だか、詰めすぎちゃってる感丸出しの2時間でした。


でも、中井貴一は朝鮮人っぽかったです、ホント。
あと、本物を使ってるから臨場感出てました。自衛隊すげぇ。


任務を果たす為に。やらなきゃあかんのね、男って。
さしずめ今のあたしゃ、卒論かしら(^^;)


[PR]
by vivakikai | 2005-08-05 23:38 | 映画