厄年&大殺界の大型新人です。


by vivakikai
カレンダー

<   2005年 10月 ( 23 )   > この月の画像一覧

Drawing


ただCDが良かった事と
2000円という安値で買ったチケット。

観ると、感動というおまけが付いてきた。
すげーよ、Hawaiian6
[PR]
by vivakikai | 2005-10-13 01:20 | 音楽(ライブ含)

てなわけで、医学部の学園祭に。
単身、原付飛ばして。
(自分の欲求のために他人を誘うのが苦手なもので)
(誘われる分には全然構わないのですが)
(結局、寂しいねって!?あー悪かったですね!!)

長州小力のライブが延期になったので、看護棟で骨密度とか血圧とか血糖値とか測ってきました。
どれも平均よりも良いという事で。
丈夫な身体にしてくれた親に感謝したり。

献血と一緒に、骨髄バンクにドナー登録してみたり。
どうせなら、十二分に使ってくださいこの身体、って感じです。

さて、お笑いのほうですが。

小力はかなり面白かったわw
長州力の動きでラジオ体操とか、「確かにそんな動きだよ!」と納得。
似すぎです(プロレス好き戌亥)

で、ダッシュして並んだ南海キャンディーズ。
横から、かなり近くで見ることが出来ました。
それにしても、二人ともデカイのね。
山ちゃん178cm(オイラと同じ。)、しずちゃん182cm(!)
山ちゃんのツッコミがおもろい。
しずちゃんは言わずもがな。
すごいなぁ、芸人。
こりゃ、芸短祭も見に行こうかしら。
[PR]
by vivakikai | 2005-10-10 15:21

金曜日に


うちのバイト先のボウリングに
友人率いるマク◎ナル◎の府内大橋店の方々が。

昨日の今日で、その店に晩飯を。
いつもの如く、マックチキンとマックシェイクのS、そしてアップルパイ。

したら、昨日来られた客(立場が逆転して、店員さん)に「あ、CPの・・・」

完全に覚えられました。

ま、結構常連です。これからも、宜しくお願いします。

~てりやきマックバーガーが新発売された時からファン、戌亥。~
[PR]
by vivakikai | 2005-10-08 23:36

また電話しろよと行って受話器置く君に今すぐ電話をしたい

生ビール買い求めいる君の手をふと見るそしてつくづくと見る

「寒いね」と話しかければ「寒いね」と答える人のいるあたたかさ

我がカープのピンチも何か幸せな気分で見おり君にもたれて

~俵万智『サラダ記念日』より抜粋~
[PR]
by vivakikai | 2005-10-07 02:54 | 映画

という訳で、友人に付き添い、10-FEETのライブに行ってまいりました。
場所はいつものT.O.P.Sで。

実は10-FEET、「river」ぐらいしかしらないという、ファンからすればとんでもない男なんですが。

いやぁ、ライブはおもろかったですわ。

ミクスチャーな音楽に、歌詞が浪花節というのが良いんでしょうなぁ。

あとは久々のPATLASHも、かなり踊らさせて頂きました。

良い一日でした~。

次のライブは、来週のHawaiian6なんですが。

実はチケット一枚あまってます。

誰か、買わない?(笑)
[PR]
by vivakikai | 2005-10-06 03:32 | 音楽(ライブ含)
今日、友人から
「ソーシャル・ネットワーキングサイト」なるものを紹介されました。
以前から、名前は聞いてたのですが。

いざ、やってみると・・・すんごいね、これ。

大学の友人から、遠くは喜界島の後輩や同級生やら。

びっくり~。
[PR]
by vivakikai | 2005-10-04 17:28

決定。


成績表をもらいました。
色々と言いたい事はありますが。
来年もどっかで教職免許を取るための単位を取るために勉強する事は確かです。
とりあえず、卒業はします。

やはり、オイラの癒しはうちの担当の杉様だ。
あの人が卒論担当で大いに助けられてる戌亥です。
[PR]
by vivakikai | 2005-10-04 12:49

僕の中の「ショーシャンクの空に」を超えたかもしれません。

「I am sam」を観ました。

パソコンの前で、独り、涙流してました。
たぶん、誰かに発見されたら「キモッ」の一言だったでしょうが(^^;)

どっかの首相じゃないけど

「感動したっ!」
[PR]
by vivakikai | 2005-10-03 12:58 | 映画

深層の真相。

綺麗なはずのすっとした手も
これで見納めかなぁ?
今になっちゃえば名残惜しく思える

話し合ったって何一つ
分かり合えないけど
終わりにするって答えだけは同じ

あなたの口づけで僕が変われたならいいのに
お互いの両手は自分のことで塞がってる
笑いながらはしゃぎながら
誤魔化してきた叫び声が
胸の 奥に 響く
重く 重く 重く

間抜けな神様が僕らを
つがいで飼おうとして
狭い鳥籠に入れたなら今頃

絵に描いたような幸せが
訪れていたのかなぁ?
発狂しないで僕ら暮らしていたかなぁ?

あなたの溜め息で
世界が曇るはずないのに
真面目な顔をして悩める女を演じてた
そのプライドを保ちながら
迷いながら妥協しながら
日毎 愛情は渇く
孤独 孤独 孤独

明日から僕ら晴れて自由の身だ
鳥篭のドアはもう開いてるんだ
だから 遠く 遠くへ
オアシスの前で力尽きるとしても
明日へと僕ら飛んでいかなくちゃなんない
ずっと 遠く 遠くへ
蒼い 浅い 昨日を嘆く
やがて 脆く 時が洗い流していく
甘い記憶
遠く 遠く 遠く
遠く 遠く 遠くへ

(Mr.Children「bird cage」 ~アルバム「It’s wonderful world」収録~ )
[PR]
by vivakikai | 2005-10-02 00:28

やはり。


好きな人には、幸せになってもらう事が一番で。
それが私の幸せであり。

好きな人の幸せの中に、私が居れば尚更良いのですが・・・
自分と話してみなさい。どうだい、自分に課してる無理難題が見えてくるだろう?

自分を、その周りを、受け入れる事。
まずはそこから。
次は進歩、発展。

巡り廻って、自分の中に。

業を、贖罪を、背負って。

・・・

なんだかんだで
独り。
[PR]
by vivakikai | 2005-10-02 00:20