厄年&大殺界の大型新人です。


by vivakikai
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2006年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧


時間を逆から遡ってみよう。
今日、新居の鍵が手に入りました。
守銭奴(自称)の愚鈍様から、タダで冷蔵庫頂きました♪
これは何か起こるぞ・・・と思ってたら
地震が起こりました。隣人が黒人でした。
引越しのあいさつに何持って行けばよいのだ!?
隣の部屋からずっとHipHopが聞こえてきたらどうしよう・・・。

昨日まで旧居(今も住んでいる)である寮の部屋の片付け&荷造りに追われて。
バイト→荷造り→バイト→荷造り・・・
寝れません。それもやっと一段落。

23日は卒業式でした。
涙は出ませんでした。だってまた会えるから。そう信じてるから。


色々な事がありすぎて、それを実感するのはまだ後になってからだと思うのだが。
オイラはいつものように生活していくしかないのだよね。

オイラの学科は、美人さんが多い。
大いに楽しませて頂きました♪
結婚式の二次会には、是非呼んでください。
あ、司会でも構いませんので(^^)
c0036292_17295854.jpg

[PR]
by vivakikai | 2006-03-27 17:30 | 大分

よくあることだったり。

全てがどうでも良くなる時。

何も関わらないでくれ。
何も言わないでくれ。
放っておいてくれ。

何かの弾みで、自分の中で抑えていたモノが顔を出す。

独りじゃ寂しいくせして、何たる矛盾か。

その矛盾の中で、私はもがく。
何も起こらないのを感じながら。

二つの桶がある。
一つには、水が満たされ、また一つには、なにも無く。
私は、一つからまた一つへ水を移す。
ただひたすらに。ただひたすらに。
水を移し終える。
一つには、なにも無く、また一つには、水が満たされ。
声が聞こえる。
また水を移せと。
私は、一つからまた一つへ水を移す。
ただひたすらに。ただひたすらに。
幾度も、幾度も、幾度も・・・

智に働けば角が立つ。
情に棹させば流される。
意地を通せば窮屈だ。
とかくに人の世は住みにくい。
住みにくさが高じると、安い所へ引き越したくなる。
どこへ越しても住みにくいと悟った時、詩が生れて、画が出来る。
人の世を作ったものは神でもなければ鬼でもない。
やはり向う三軒両隣りにちらちらするただの人である。
ただの人が作った人の世が住みにくいからとて、越す国はあるまい。
あれば人でなしの国へ行くばかりだ。
人でなしの国は人の世よりもなお住みにくかろう。

と、自らに言い聞かせ。
[PR]
by vivakikai | 2006-03-11 07:06

この前観た

「クラッシュ」という映画。
シネマ5でやってたんだけど、これが面白く。
鑑賞後、満足して帰る事が出来ました。

そしたら、何と!
アカデミー賞で作品賞になってるではねーか!!

なんか、そういう映画をそういう自分が知っている賞を取る前に観て
「あ、良い!」なんて思ったりすると
何だか勝手に得意げになったりする♪
[PR]
by vivakikai | 2006-03-07 05:21 | 映画

最高に楽しい一日。

大学で良くしてもらっている作曲の先生の手伝いで、朝から設営の準備だとか、機材運びだとか。

昼からゲネプロ。
「声楽専攻の大学院生で日本一尺八の巧い」某マートンがやべぇ。

ゲネプロの時から、ちょいと感動しちゃったり。

スタッフの中で、唯一音楽活動を行ってないであろう私。
何が出来ますか?と考えながら動く。

やっぱり体張るぐらいしか出来ないんだよね~。
それだけ良い演奏を聴かせて頂くわけだから。

開場。当日券だけで40人以上の方が来られる。
開場はいっぱいいっぱいに。

空調が効かない。
「それって、ありえないよね。」
河野先生、オイラのツボでした。

どれもどれも、素晴らしい作品、素晴らしい演奏でした。

終わって打ち上げ。

確かにひげは濃いですが~

やっぱり酒の席では、余計な言葉を発してしまいます。

二次会、エレクトーン奏者でピアニキストで、先生の同級生の松田昌さん(http://www.masa-mp.com/top.html)のピアニカ演奏。

もうね、最高!すげぇ!!あれは久々にビビビっとキタね。

最後は王子と二人で帰る。


ホントに最高だったです。
[PR]
by vivakikai | 2006-03-05 15:03 | 音楽(ライブ含)